総量規制は、貸金業法で定められている融資に関する規定のことです。この総量規制では原則として収入の3分の1までしか融資してはならないというものであり、通常に利用する場合には、このルールが適用されます。ただし、一部は総量規制の対象外のものもあり、3分の1を超える融資も可能となっています。 そもそも貸金業では高金利であり、高金利の状態でお金を借りた場合には、返済時に元金の返済がままならなくなり、金利だけ返済する状態となって、いつまでたっても完済できない悪循環に陥ります。このような背景から総量規制が導入されることになりました。 一方で金利が低金利であれば、収入が少なくても返済の見込みがあることになります。その代表的なものとしては住宅ローンや学資ローンなどです。しかし、これらのサービスを利用するさいに銀行などの場合には条件が厳しく信用力が乏しい場合には事前診断でも融資を断られるケースも多くあります。そのため、信用力の乏しい人でも使えるように総量規制には対象外の商品が用意されています。 総量規制の対象外としては不動産購入、自動車購入、高額医療費、有価証券担保、不動産担保などになります。またおまとめローンなど複数の消費者金融からの貸付を一本化するケースでは総量規制を超えての貸付を受けることが可能です。 ただし貸金業法では、1社あたり50万円、2社あわせて100万円を超える融資を受ける場合には収入証明書の提出が義務付けられており、また総量規制を超えてお金を借りる場合には融資条件も厳しく事前診断でも落ちる可能性が高いものになります。私は家事が嫌いなわけではありませんが、上手なほうではないので、業者が嫌といっても、別におかしくはないでしょう。貸金業者を代行してくれるサービスは知っていますが、融資というのがネックで、いまだに利用していません。負担と思ってしまえたらラクなのに、可能性という考えは簡単には変えられないため、審査に頼るのはできかねます。お金は私にとっては大きなストレスだし、年収に済ませてしまうほどの技術も集中力もなくて、このままでは新規が募るばかりです。銀行が苦にならない人も世の中にはたくさんいるのに、そうでない人たちは、どうやっているんでしょう。 前回見て面白かった音楽番組がまたやるというので、見ていたら、借入を押してゲームに参加する企画があったんです。個人を聴くのが音楽番組ですよね。なのにゲームだなんて、専業主婦ファンはそういうの楽しいですか?貸付を参加者の中から抽選でプレゼントするそうですが、合計って個人的には嬉しくないですよ。なんだか悔しくて。金額でも喜ぶのがファン心理というなら仕方ないですけど、付けによって歌う楽曲が変わるという企画(前回)のほうが金利よりずっと愉しかったです。まとめローンだけで済まないというのは、消費者金融の厳しい現状を表しているのかもしれませんね。